サラ金とはどういうものか


サラ金とは今の消費者金融の少し前の呼び方で、サラリーマンを主体としてお金を貸していたところです。少し前までは今では考えられないような高利でお金を貸すということがあって、社会問題となったことがありました。その時に主体となったのがこのサラ金です。(サラ金とは今のように法律がしっかりと機能しないグレーゾーンといわれるところがあり、違法でもないが合法でもないという曖昧な金利ゾーンがありました。そのグレーゾーンといわれるようなところでお金を貸すということをしていて、あまりにも多くの人がその被害にあっていたので社会問題となったというわけです。強引な取り立ても行われることもあったので、それがメディアなどで紹介されることもあり、一気に社会問題化することとなりました。最近でこそ、銀行などの金融機関が個人を相手にお金を貸すということが頻繁に行われるようになっていますが、昔は銀行が個人を相手にしてお金を貸すというようなことはあまりないケースでした。住宅ローンのような大口の契約ならありましたが、個人に用途を問わないようなお金を貸すことはまず大手の金融機関ではやらないことだったので、これをするようになったのが、サラ金といわれるような小口の金融機関ということです。すると、かなりの需要があり、多くの人が利用するものとなりました。

このこと自体に問題はないのですが、あまりにも年間で20%を超えるような金利を設定していたりと、法律の上限いっぱいいっぱいで暴利を得ていたことが判明して社会問題となりました。取り立ての強引な手口も批判されることになり、サラ金は必死になってイメージを変えていくことになりました。今の消費者金融のCMなどが、イメージ優先で作られているのは、このサラ金の問題があったことも大きな要因と考えられます。とにかく暴利をむさぼるところというイメージを払拭することに必死になっていたという過去があるということです。