知人にお金を借りるデメリットとは


結婚式への招待が重なったり、怪我や病気などで通院費がかさんだりなど、急な出費の増加で、生活費が苦しくなってしまった際、どこかでお金を借りて急場をしのぐ必要があるでしょう。お金を借りることができる方法として、消費者金融などからの借入と、知人や家族に借金をする、などが挙げられます。消費者金融から借りるためには、申し込みをして、審査をクリアする必要がありますが、知人や家族から借りる場合には、お願いをするだけで済みます。しかし、人間関係への影響を考えると、知人や家族から借金をする際には、十分な注意が必要となるでしょう。家族から借りる場合、もっとも大きなデメリットは、つい返済が滞ってしまったり、借りることが癖になってしまう、ということでしょう。もちろん、血のつながった家族とはいえ、返済はしっかりと行う、という方のほうが多いかもしれませんが、しかしつい甘えが生じてしまう場合もあります。

家族から、金銭感覚を疑われてしまうような事態にならないよう、しっかりと気を引き締めて、返済していくことが大切でしょう。より注意が必要なのは、友達や知り合いといった、知人からの借金をする場合です。もしも万が一、返済を忘れてしまうようなことがあれば、最悪の場合、縁を切られてしまうかもしれません。一度失ってしまった信用を取り戻すのは、非常に難しいことですから、できるだけ知人などからは借りないのが一番だといえます。また、相手の価値観や考え方によっては、借金をお願いすること自体が、非常識であると見られてしまうかもしれません。返済をきっちりと行ったとしても、あの人はお金にだらしがない、という評価を受けてしまう可能性があるのです。人間関係を大切に考えた場合、一番デメリットが少ないのは、消費者金融などからの借入かもしれません。ただし、金融機関から借入を行う場合、利息が発生しますので、その点も踏まえた上で、申し込みをする必要があるでしょう。